http://design.yoshida-sd.com/

4月
03日
2017

すくすくレポートvol.10 春*赤ちゃんと~喫茶きはると無料休憩所~

春です。梅が咲き、野の花が咲き、風が強く吹いたら、いよいよ春ですよ。

松江城山にお出かけしたとき、室内でほっと一息、赤ちゃんと一緒に楽しめるカフェをご紹介します。

喫茶きはる(松江歴史館内)

松江城山はお花見、お散歩、観光、秋にはお茶会と一年中素敵なスポットです。

しかし、赤ちゃん、乳幼児と一緒に行くとなると、大人は少し大変です。

松江歴史館内にある喫茶きはるは、そんなときにおすすめです。

松江歴史館は松江の歴史を凝縮して学べる画期的なところで、

松江城山の東側、北惣門橋のほとりにあります。

館内展示を見る場合は観覧料が必要ですが、喫茶きはると休憩所は無料スペースにあります。

館内に入ると下駄箱があり、靴を脱ぎます。受付前に赤ちゃんも歩きやすい『畳』が広がっています。

そのむこうに、おいしい和菓子とお茶の香りがただよう「喫茶きはる」の入り口があります。

喫茶きはるは現代の名工「伊丹二夫」氏による創作松江和菓子の菓子バーを備えた茶房で、おいしい甘味、コーヒーが楽しめます。

「どれにしようかな」

明るいイス席は濡れ縁を望み、気持ちの良い空間が広がっています。

隣接して、広々した30畳の暮らしの大広間(無料休憩所)が広がります。

子どもが寝てしまっても、畳ならそばに寝かせておけます。

畳に座るのが大変なときのための座椅子もあります。

季節の美しい上生菓子は2週間ほどで変わっていくので、来るたび違った形のお菓子がいただけます。

授乳中でも和菓子なら、気兼ねなくいただけます。カフェインが気になる方は、コーヒー以外で、ジュースもあります。

この日にいただいたのは「松江和菓子と飲み物セット(800円税別)」です。

りんごジュース(娘用)とわらびもち

前から気になっていた「あずき珈琲」は歴史館が建つ前にあったカフェの人気メニューでした!

あずきのおいしさが際立つ食べるコーヒーです。

あずき珈琲(550円税別)

お客様は観光の方がほとんどですが、ママ友たちや、3世代でいらっしゃる方も多いそうです。

多人数で利用される場合は席の予約をされると確実だそうです。

さらに赤ちゃん連れにうれしいことがもう一つあります。

すぐそばに授乳室、多目的トイレ、ベビーキープ完備のきれいなトイレ(一段低い洗面台も!)があり、体勢を立て直すのに助かります。

授乳室


取材した日は良いお天気で、日本庭園から松江城が良く見えました。

ちなみに歴史館の外にも無料休憩所があります。

桜と一緒に、出かけて来てみませんか。

以上、人見がお伝えしました。

(取材日 2017年3月17日)

 

喫茶きはる

〒690-0887

松江市殿町279番地(松江歴史館内入館無料)

※松江歴史館は展示室のみ有料です。

営業時間 9:00~17:00

定休日 毎月第三木曜日

TEL 0852-32-1607

HP:http://matsu-reki.jp/kiharu/


松江市ウィメンズプロジェクト

PAGE TOP